雑感blogリベンジ

#------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20050619 男性2人版女子十二楽坊って例えはなんか違うような

ギターデュオDEPAPEPE1位見えた!(スポニチ)
DEPAPEPEのデビューアルバムの売れ行きがどうやら好調らしい。
sakusakuがらみでブレイクしそうななアーティスト、一組追加ですな。
それにしても上の記事で気になる表現が↓

「サーフミュージック」と呼ばれるその楽曲は時に優しく時に激しく、「女子十二楽坊」の“男性2人版”とも言える。


彼らと彼女らでは曲のジャンルからして違うと思うし、せいぜい歌無しってとこくらいしか共通点ないのに随分無理やりな例えだなと思った。

Let’s Go!!!
B00092QU5IDEPAPEPE TAICHI NAKAMURA

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-05-18
売り上げランキング : 32

おすすめ平均star
starインストじゃないインスト
starレッツゴーゴーゴー!!
star夏近し!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

#20050610 若貴兄弟対立を見て思い出したこと

聖子とSAYAKAの親子喧嘩ネタをあっという間にふっとばして、
今やワイドショーやら週刊誌やらの話題の中心になってしまった、若貴兄弟の確執。
先日亡くなられた父の二子山親方の逝去による喪主争いから端を発したこの話題がいまだに騒がれ続けているのも、貴乃花親方が自分からネタをマスコミにばら撒いている所為であろう。

続きを読む »

#20050525 SAYAKAの彼のバンドも活動休止

またまたしつこくSAYAKAがらみのネタで申し訳ない。
今度はSAYAKAの彼氏が所属するバンド、day after tomorrowも活動休止を発表した模様。
「day after tomorrow」が活動休止(YOMIURI ONLINE)
day after tomorrow 活動休止のご案内(dat公式サイト)

このタイミングでの発表では、仮に単なる偶然だとしても、芸能マスコミからは、SAYAKAの活動休止と絡んでるんじゃないかと勘ぐられても仕方ないんじゃなかろうか。

ところでday after tomorrowのボーカルのmisonoは最近やけにセクシー路線な倖田來未とは姉妹であるが、声質といい体型といい、あそこまで似ていない姉妹も珍しいと思う。
姉並みになれとはいわんが、せめて秋のソロデビューまでにもう少し体を絞っておいたほうがいいと思う。

B0007G8CE8day alone(DVD付)
day after tomorrow

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-03-09
売り上げランキング : 1,820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#20050523 sakusaku常連アーティスト2組のシングル売上好調

http://www.oricon.co.jp/(ORICON STYLE)

5月22日付のオリコンのデイリーチャートを見ると、sakusaku常連の二組のアーティスト、コブクロとクリスタル・ケイの曲がそれぞれ1位と3位であった。
sakusakuがらみの人たちが同時にオリコンデイリーTOP3なんてめずらしいなと思ったが、どうやら2曲とも今クールのドラマ主題歌に選ばれていたからというのもあるようだ。
で、二組ともランキングの自己最高記録更新らしい。
※参照 
Crystal Kay、ドラマタイアップで自己最高のスタートへ!(ORICON STYLE:MUSIC)

コブクロが2位の好発進!自己記録更新へ!(ORICON STYLE:MUSIC)

タイアップってのはここまで売上に影響するもんなんだなとつくづく実感する。カエラ嬢の「リルラリルハ」もCMとのタイアップだし。
この際、他のsakusaku常連アーティストの皆さんにも、どっかでタイアップでも取って、オリコン上位を狙っていただくことを期待したい。まず手始めにオーノキヨフミくん(「練馬のうた」の作詞担当)あたりにでも。

君に太陽を!
B0002T248Kオーノキヨフミ


おすすめ平均 star
star日本語ベースの、日本語のノリの歌です。
starまずは聞いて見るべし!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#20050523 SAYAKA、聖子から親離れ

SAYAKA 聖子と断絶状態(スポニチ)

SAYAKA芸能活動休止報道の続報。
断絶状態とは随分ものものしい言い方だが、単に親離れしてひとり立ちしようとしているだけのことではないかと。
結局のところ、SAYAKA本人も「聖子の娘」としての活動しかできない自分にもどかしさを感じていて、それを打破するために思い切って母ちゃんの庇護のもとから離れたということなのかもしれない。
しかしながら親の七光りに頼らず芸能活動をしていくというのは、宇多田ヒカルのように、親の七光りを跳ね飛ばすくらいに飛びぬけた才能があればいいのだが、正直現状のSAYAKAには厳しいであろう。
この際母と同じ歌手とかアイドル路線ではなく、女優とかタレントのように、すこし外れた方向性をめざしていくほうが比較されにくくていいかもしれない。

B00007G0LIドラゴンヘッド
妻夫木聡 望月峯太郎 飯田譲治 SAYAKA

アミューズソフトエンタテインメント 2004-02-27
売り上げランキング : 32,117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  HOME   »

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

maru

maru

神奈川県在住社会人。なのでtvkの番組はよく見る。
アフィリエイトについて

love music


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。