雑感blogリベンジ

#------ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#20050529 ぴちょんくん営業中@横浜

ガキどもにいじられまくるぴちょんくん。
P1000002s.jpg


その後、ガキどもにしつこく張り付かれながらも、カメラを向けてる私に気がつき、カメラ目線してくれたぴちょんくん。
P1000003s.jpg

スポンサーサイト

#20050529 アフィリエイトについて

右側とか下のほうに最近やたら広告が増えて(゚Д゚)ウゼェェェ とか思われているかもしれないが、アマゾンやgoogleアドセンス以外のアフィリエイトも増やしてみた。
ただ単にapple storeの広告がいいデザインなんで入れてみたかったというだけであるが。
そのわりにそれ以外の広告もあるのは、まあキニスルナ。
ちなみに利用登録したのはここ↓

人気有名ECサイトがたくさん!LinkShare(リンクシェア)
いろいろな会社のアフィリエイト広告をまとめて利用登録できる。
ただし登録後、申し込み先の企業からの審査があるんで、了承のお返事をもらえるまでは広告を貼ることができないので注意。
ちなみに私の場合は自分が実際に利用しているとか、興味ある分野の企業の広告を選ぶようにした。
まあうちのような弱小blogでアフィリエイトで儲けなどはじめから期待してはいない訳だが。

#20050525 SAYAKAの彼のバンドも活動休止

またまたしつこくSAYAKAがらみのネタで申し訳ない。
今度はSAYAKAの彼氏が所属するバンド、day after tomorrowも活動休止を発表した模様。
「day after tomorrow」が活動休止(YOMIURI ONLINE)
day after tomorrow 活動休止のご案内(dat公式サイト)

このタイミングでの発表では、仮に単なる偶然だとしても、芸能マスコミからは、SAYAKAの活動休止と絡んでるんじゃないかと勘ぐられても仕方ないんじゃなかろうか。

ところでday after tomorrowのボーカルのmisonoは最近やけにセクシー路線な倖田來未とは姉妹であるが、声質といい体型といい、あそこまで似ていない姉妹も珍しいと思う。
姉並みになれとはいわんが、せめて秋のソロデビューまでにもう少し体を絞っておいたほうがいいと思う。

B0007G8CE8day alone(DVD付)
day after tomorrow

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-03-09
売り上げランキング : 1,820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#20050523 sakusaku常連アーティスト2組のシングル売上好調

http://www.oricon.co.jp/(ORICON STYLE)

5月22日付のオリコンのデイリーチャートを見ると、sakusaku常連の二組のアーティスト、コブクロとクリスタル・ケイの曲がそれぞれ1位と3位であった。
sakusakuがらみの人たちが同時にオリコンデイリーTOP3なんてめずらしいなと思ったが、どうやら2曲とも今クールのドラマ主題歌に選ばれていたからというのもあるようだ。
で、二組ともランキングの自己最高記録更新らしい。
※参照 
Crystal Kay、ドラマタイアップで自己最高のスタートへ!(ORICON STYLE:MUSIC)

コブクロが2位の好発進!自己記録更新へ!(ORICON STYLE:MUSIC)

タイアップってのはここまで売上に影響するもんなんだなとつくづく実感する。カエラ嬢の「リルラリルハ」もCMとのタイアップだし。
この際、他のsakusaku常連アーティストの皆さんにも、どっかでタイアップでも取って、オリコン上位を狙っていただくことを期待したい。まず手始めにオーノキヨフミくん(「練馬のうた」の作詞担当)あたりにでも。

君に太陽を!
B0002T248Kオーノキヨフミ


おすすめ平均 star
star日本語ベースの、日本語のノリの歌です。
starまずは聞いて見るべし!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

#20050523 SAYAKA、聖子から親離れ

SAYAKA 聖子と断絶状態(スポニチ)

SAYAKA芸能活動休止報道の続報。
断絶状態とは随分ものものしい言い方だが、単に親離れしてひとり立ちしようとしているだけのことではないかと。
結局のところ、SAYAKA本人も「聖子の娘」としての活動しかできない自分にもどかしさを感じていて、それを打破するために思い切って母ちゃんの庇護のもとから離れたということなのかもしれない。
しかしながら親の七光りに頼らず芸能活動をしていくというのは、宇多田ヒカルのように、親の七光りを跳ね飛ばすくらいに飛びぬけた才能があればいいのだが、正直現状のSAYAKAには厳しいであろう。
この際母と同じ歌手とかアイドル路線ではなく、女優とかタレントのように、すこし外れた方向性をめざしていくほうが比較されにくくていいかもしれない。

B00007G0LIドラゴンヘッド
妻夫木聡 望月峯太郎 飯田譲治 SAYAKA

アミューズソフトエンタテインメント 2004-02-27
売り上げランキング : 32,117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


#20050521 SAYAKAとさやか

SAYAKA タレント活動を一時休止(スポニチ)

松田聖子の娘、SAYAKAがタレント活動休止だそうだ。
出始めのころのアイスの実のCMの時は、結構話題になったし、デビュー曲も結構ヒットしたが、結局「聖子の娘」という冠を払拭できないまま現在に至るという状態だったからなあ。デビュー曲は本人作詞らしいが、なかなかいい曲だったと思う。声が母親そっくりなのがアレだが。
B000065DD7ever since
SAYAKA 松岡トモキ Shine Taigo Sato


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、SAYAKAという名前で、上のアマゾンリンクを検索してたら見つけたのがこれだ。
B0007U937Y青木さやか 危機一発 DICAST TYPE ブラウン

オムニクル
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上のSAYAKAさんとは違い、今かなり勢いのある方のさやかさん。
写真集を出したのは知っていたが、こんなもんまで作っていたのか。いったいどういった層に向けての商品なんだ、これは。

#20050517 三浦大知ボーダフォンのCMに出演

「なめらかな映像」編CM撮影エピソード(ボーダフォン)

ボーダフォンの新しいCMに三浦大知が起用された。
「大地はメールし放題」なんてせりふは当然無いが、歌いながらなかなかすばらしいダンスを披露している。
あくまでも個人的意見だが、三浦大知は妙に写真写りが良くない場合が多い気がするんだが、このCMでは比較的ちゃんと格好良い映像になっていて安心した。
CM中に流れているのが、どうやら今度発売の新曲らしい。

Free Style
B0009I8TWY三浦大知

エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-06-01
売り上げランキング : 1,678
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まだジャケットの画像がないようだ。
CMで流れているサビの部分しか聞いていないのだが、
私は、デビュー曲よりはこのCMの曲のほうが好みだ。
デビュー曲もそこそこ売れたようだし、
同じボーダフォンのCMソングだったカエラ嬢の「リルラリルハ」がオリコン3位と大健闘だっただけに、この曲にも期待したいところだ。

#20050515 このさわやかなテンプレ見て思い出すのは

久々にテンプレを変えてみた。
この緑にあふれたさわやかな感じで思い出したのが、
昔、胃薬のサクロンのCMで流れていた、谷山浩子さんの曲だ。
そ~らにう~つれ~....とかいう歌いだしで始まって
映像は緑の森の中で。
谷山浩子さんは中学時代にファンだった友人がいて、その影響で
その頃だけだが、よく聞いていたな。
ちなみにそれがこのアルバムだ↓

空飛ぶ日曜日
B00005FPXQ谷山浩子


おすすめ平均 star
starSinger Songwriter
star2部構成になっています
star外来の詩作品をみごとに同化

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「恋するニワトリ」とか「うさぎ」をたまにカラオケで歌うことがあるが、たいがい誰だかわかってもらえないことが多くて寂しい限りである。

#20050503 新旧CanCamモデル、CMでの扱いの差

米倉涼子が出演しているバンテリンのCMは、深夜とか番組の合間にやたら流れてるので、いやでも目に付く。
しかも見れば見るほど米倉の安い扱いが気になってしまってしょうがない。腰やら腕やらにシップ張ってロデオって、ねえ。
ほんの2,3年前の米倉全盛期だったら絶対やってなかったであろうな、こんなCM。
で、米倉涼子とは元CanCamモデルつながりでさらに安い扱いCMつながりだと、レオパレスの藤原紀香も挙げられる。
一番最初のレオパレスを借りると藤原紀香がついてくる編とか、意味もなくジャズダンスして「スタートする人おーえんします!!」編とか、今は無きJ-PHONEのCMで写メール広めた貢献者だった頃とはだいぶかけ離れた安い扱いである。
一方現役CanCamモデルでもあり、タレントとしても活躍中である山田優は、かつて売れないスピードもどきのアイドルグループにいた過去をすっかり清算し、今、まさに全盛期。
出演CMもかなりの数に上るが、当然ながらCMでの扱いは旧CanCamモデルの上ふたりに比べたら完全に格上である。
(ただし「朝食りんごヨーグルト」の”ふとももほっそりりんごだよ”は微妙に安っぽさを感じる内容ではあったが、バンテリンとかレオパレスほどではない)
しかも山田優が現在出演しているカネボウの日焼け止めのCMは、かつて米倉涼子が出演していたのである。
いやはや芸能界における全盛期ってのは移り変わりが激しいのですなあ。そのうち山田優も現在の米倉並に安売りされる時がくるのであろうが、せめてその時期を少しでも遅らせるべくがんばっていただきたい。

  HOME  

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Profile

maru

maru

神奈川県在住社会人。なのでtvkの番組はよく見る。
アフィリエイトについて

love music


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。